ホームページ入門
ネットショップで成功するためのホームページは、適度に手を掛けて「客を逃がさない」ことを心掛ける。

home
簡単には儲からない
ネット販売の成功法則

[広告宣伝]
広告宣伝入門
メルマガ発行

[顧客対応]
顧客対応と広告

[ホームページ]
ホームページ入門
決済方法入門
 ・カード決済(消費者)
 ・カード決済(ショップ)
クレジットカード決済
コンビニ決済
一円会社設立

[共通]
失敗/成功事例

[全国セミナー開催]
セミナー開催
 ・全国セミナー開催履歴
セミナー講演依頼募集
 ・セミナー講演の全国派遣承ります。

[その他]
ショップ作成前に
法人カード
編集後記
リンク集


[サイト再編のために移動]
SEM
オーバーチュア広告
SEO対策日記
SEM/SEO用語集


[弊社執筆書籍]
もっと「稼げる」ホームページ最強宣伝術

「ホームページ集客」を「利益」に変える成功方程式

SEOを超えたホームページ集客術


不許複製・禁無断転載

[PR]



2017/February/27



【目次】
ネット販売の成功法則の中で、オンラインショップの成功要因は「商品」、「広告宣伝」、「顧客対応」および「ホームページ」の4つだと書きました。これは重要度順ですから、オンラインショップが成功する要因としてホームページのウェイトは低いということになります。

成功要因

注目を引くために奇をてらった訳ではありません。
確かに「HPは店の顔だから極めて重要」ということが通説ではありますが、4つの成功要因のうちの1つを過剰に強調してしまうことでかえって残りの要因を過小評価してしまう危険性があります。

実際問題として、どんなにショップHPが素晴らしいものであってもショップの実力以上に商品を売り捌くことはできないのです。
ここで言う「実力」とは、魅力ある商品を揃える力、格安での仕入れノウハウ、ショップの存在自体を周知させる広告宣伝、迅速な顧客対応やその延長としてのリピータ顧客の確保術などの「のれん(goodwill)」のことだと思って下さい。

例えば、インターネットで成功しているA社というショップがあるとします。そして、同業のB社がA社HPをコピーして全く同じショップ(HP)を開店したとしましょう。(本筋ではないので著作権の問題は無視します。)

果たしてB社はA社のように売上げることができるでしょうか?。

答えは明らかにNOです。

もしB社が商品構成でA社と同じレベルにあったとしても、広告宣伝の面で遅れをとっています。また、リピータ顧客を囲い込むこともできていません。つまり、B社には実力が無いということです。どんなにHPが素晴らしくても、実力不足を補うことはできないのです。



誤解して欲しくないのは、だからと言って「HPは手を抜いてもいい」と主張している訳ではありません。「HPはポイントを突いて適度に手を掛けろ」というのが「買いパラ®」研究室の主張なのです。

そしてもちろん「余ったヒト・モノ・カネは広告宣伝や顧客対応に注ぎ込め」(ショップの実力を付けろ)となります。





ご意見等メルマガサイトマップ|(C)2013 NTT DATA Smart Sourcing
検索エンジンマーケティングリスティング広告(無料診断)|SEM/SEO講座ユーザビリティネットショップ開業オンラインショップ運営講座
ショッピングカート(ショップギア®)|クレジットカード決済仕入れ/のブログ買いパラ®|アクセス解析
買いパラ研究室之印